あなたにピッタリのSIMと出会える!

タナカが教える格安SIM比較

こんにちは。管理人のタナカです。このページではUQモバイルについて説明します。基本料金から特徴・メリットデメリットについての記載はもちろん、現在のキャンペーンやwebからの申し込みがめちゃくちゃお得な理由までこと細かく紹介できればいいと思います。最初にぶっちゃけておくと、UQモバイルは料金の仕組みをよく理解していない人からお金を取りまくるサービスになっています!(公式ページの料金説明の表がまさにそう!)ただし通信速度は本当に速いです。また、実店舗が多く存在するので本当に困ったときには駆け込むことが可能です!ただし、プランの申し込みについては、webから申し込むだけで大きなキャッシュバックがあるので可能な人はwebから申し込んだほうがお得になります!(キャッシュバックに関してはページ下部で説明します。)契約前にしっかりと特徴を把握して無駄のないプランで契約すれば、お得に爆速通信が使えます。デメリットの部分に関してはあまり出回っていない情報だと思いますので、契約前にしっかり確認して後悔のない申し込みをしましょう!

タナカ
通信速度が爆速ですが、月額基本料金が少し複雑ですね。

UQモバイルの特徴と基本料金


利用可能回線:au

月額基本料が下記です。黒字が基本料金ですが様々な条件によって1年~2年までは割引要素があります。

料金プラン名称 基本データ容量 通話 月額基本利用料 最低利用期間
データ高速+音声通話プラン 3G 20円/30秒 1,680円 12か月
データ無制限+音声通話プラン 通信速度500kbpsで使い放題 20円/30秒 2,680円 12か月
おしゃべりプラン
プランS 2G
⇒3G
5分かけ放題 2,980円
⇒1,980円
2年(自動更新)
プランM 6G
⇒9G
5分かけ放題 3,980円
⇒2,980円
2年(自動更新)
プランL 14G
⇒21G
5分かけ放題 5,980円
⇒4,980円
2年(自動更新)
ぴったりプラン
プランS 2G
⇒3G
無料通話30分
⇒60分
2,980円
⇒1,980円
2年(自動更新)
プランM 6G
⇒9G
無料通話60分
⇒120分
3,980円
⇒2,980円
2年(自動更新)
プランL 14G
⇒21G
無料通話90分
⇒180分
5,980円
⇒4,980円
2年(自動更新)

青字で記載してある数字は増量オプション加入後の数字です。おしゃべりプラン/ぴったりプランは月々500円で、基本データ容量や無料通話時間が増量できる増量オプションに加入することが出来ます。また、契約時に増量オプションに申し込みすると月々500円のオプション料が2年間無料になります。
赤字で記載してある料金に関してですが、UQモバイルではイチキュッパ割の適用で、ご利用開始月から13ヶ月目までは月額基本料金が1,000円割引になります。14か月目からは1,000円割引が消えますので黒字の価格での利用になります。

上記の料金などを踏まえまして、UQモバイルはネットを爆速で利用したい人、長期での利用が前提の人(2年契約・自動更新がある為)、電話をあまりかけない人(かけ放題が5分の為)に向いています。料金に関してですがデータ高速+音声通話プランの料金は、他社SIMと比べると妥当だといえますが、おしゃべりプラン・ぴったりプランについては多少割高で、2年契約自動更新が付きまとう形となります。通信速度を取るのか、料金の安さを取るのかでUQモバイルにするかその他の格安SIMにするのかを決めていくといいでしょう。

公式ページでお申込みする

UQモバイルのメリット・おすすめポイント

まずはUQモバイルのメリットから記載していきます。

KDDIグループなので安心して契約出来る

UQモバイルの運営はUQコミュニケーションズ株式会社が行っています。UQコミュニケーションズ株式会社はKDDI株式会社の子会社であり、UQモバイルは実質auの子会社だといえます。親会社がはっきりしているので安心して契約できますね。

通信速度がとても速い

これはすでに有名かと思いますがUQモバイルの通信速度はとても高速です。はっきり言って爆速です。ではどのくらい速いのかというとこちら!

2018年3月に発表された速度がこれです。Y!mobileも高速ですが一番はUQモバイルで、こちらの計測では平均して30Mbpsの通信速度が出ています。また、次のグラフは2018年12月の平日の通信速度の平均値です。

これも見てもらえばわかりますが、格安SIMが苦手とする12時台などの時間帯でもUQモバイルは15Mbpsの通信速度を維持しており、24時間いつでもまったくストレスなく通信が行えます。

公式ページでお申込みする

節約モードでの通信速度が他社より速い

UQモバイルには節約モードがあり、UQモバイルの公式アプリから1タップで通常の高速通信モードから節約モードに切り替えることが出来ます。

節約モードになれば、通信が低速になる代わりに高速データ通信容量を消費しなくなります。また、当月の高速データ通信容量が0ギガになってしまっても低速通信になってしまいます。他社の格安SIMでは低速通信になったと時は200Kbpsでの通信しか出来ません。UQモバイルの次に通信速度が速いY!mobileは低速通信になってしまった時には128Kbpsの通信速度しか出ません。しかしUQモバイルでは低速通信時でも300Kbpsの通信速度が出ますので、ほかの格安SIMと比べると比較的ストレスが少なくインターネットの閲覧ができると思います。
どうしても高速通信を続けたい方は、高速通信量の買い増しをしましょう。UQモバイルならば、0.1ギガ200円、0.5ギガを500円で買い増しすることが可能です。

実店舗があるので困った時は駆け込むことが出来る

これはUQモバイルの大きな強みですが実店舗が数多く存在しています。おそらく読者の皆様の住んでいる地域にもいくつか実店舗があると思います!実店舗があるのでスマホの故障など、どうしても困った時は実店舗に駆け込むことが出来ます。もちろん面倒な契約も実店舗で行えます。(身分証明書や、電話番号引継ぎの場合はMNP予約番号を持っていく必要があります。)実店舗でも契約出来るのですが、webからの申し込みで大きなキャッシュバックがあるので、お得に契約したい方はなるべくwebから申し込みをするようにしましょう。

公式ページでお申込みする

200円払えばキャリアメールが使える

他社格安SIMではキャリアメールアドレス(@ezweb.ne.jpや@docomo.ne.jpなど)は使用することが出来ません。キャリアのメールアドレスでなければ、一部のメールを使っている人にはメールが届かないことがあります。(キャリアメール以外をブロックする設定をしている為)しかしUQモバイルで毎月200円を支払えば@uqmobile.jpのキャリアメールアドレスを使うことが可能です。正直なところ、GmailやLINEを主流に使っている人にとってはあまりメリットではないかもしれません(無駄なオプション料が発生するので)。

15日間無料でお試しが出来る

2019年1月現在、UQモバイルでは15日間無料でUQモバイルのSIMやスマホを試すことが可能です!公式サイトから申し込みをすると、数日以内に現物が手元に届きます。それを手持ちのスマホやその他SIMカードが入るデバイスに差し込んで設定するだけで、通信速度をお試しすることが可能です。お試しした商品は必ず15日以内に返却してください。正直なことをお話すると、SIMカードを変えて使用する際は、構成プロファイル設定を変更する必要があり、元のSIMを使おうと思えば、再度元のSIMのプロファイル設定に直す必要があります。SIMだけのお試しは少し面倒なので、通信速度をみたい方はスマホごとレンタルするようにしましょう。実店舗でお申込みも可能ですが実店舗ではスマホのレンタルは出来ず、SIMカードだけのレンタルとなっていますので、ご注意ください。

その他UQモバイルのメリット・おすすめポイント

上記にはかけませんでしたが、UQモバイルには下記の様なメリットもあります。
余ったギガは翌月繰り越し可能
5分かけ放題のオプションがある
クレカが無くても契約出来る

など、ほかのSIMと比較するときは参考にしてください。

公式ページでお申込みする

UQモバイルのデメリット・注意点

ここではUQモバイルのデメリットについて記載していきます。厳しめに記載するので数が多いですが、これを許容出来ればUQモバイル契約後も後悔なく使えますので、しっかり確認してみてください。

au回線しか使えない

UQモバイルはauの子会社で、2019年1月現在ではau回線しか利用できません。新規でスマホも購入する方は問題ないですが、docomoやSoftbankで購入した端末を使いまわそうとしている方は、SIMロック解除を行ったとしても、au回線のSIMを使うことのできない端末があります。必ずUQモバイルの公式ページの動作確認端末一覧で自分の端末が使えるのかを確認するようにしましょう。

通話をたくさんする人には向いていない

ハッキリ言いますとUQモバイルは電話番号を使っての通話に重きを置く人には向いていません。LINEなど無料通話アプリで済ます人はいいですが、電話番号を使っての通常の電話に関しては、デメリットしかありません。なぜならば、通話料金が高いからです。まず、通話基本料が30秒につき20円です。他社格安SIMも通常の料金は30秒につき20円ですが、他社格安SIMの場合は専用アプリなどを利用し電話番号を入力し通話することによって、30秒で10円もしくは9円に電話代を抑えることが出来ます。そして、UQモバイルには5分間かけ放題のサービスがありますが、これは比較的高いです。他社格安SIMだと10分間のかけ放題をおよそ850円のオプションで付けることが可能ですが、UQモバイルの場合はデータ高速+音声通話プランからおしゃべりプランSに変更した場合1,300円高くなってしまいます。(1年目は1000円割引があるので、300円)1300円高くなって、5分かけ放題なので、これは非常に割高です。電話をよく使う人は他社SIMで契約を考えたほうがいいと思います。

料金が他社格安SIMと比べると高い

かけ放題オプションを付けない、データ高速+音声通話プランは月々1,680円ですので、他社SIMより少し高い程度です。(通信速度を考慮すると妥当な価格)ですが、おしゃべりプランやぴったりプランを考えるとどうしてもUQモバイルの料金が高いと言わざるを得ません。例えば他社のSIMだと3ギガプランに10分かけ放題を付けても、1600円+850円程度で2450円程度です。しかしUQモバイルで3ギガプランにかけ放題を付けようとすれば、おしゃべりぷらんSの契約になり5分間かけ放題が付いて1年目は1,980円、2年目は2,980円になります。また3年目以降は増量プラン(2ギガの通信容量を3ギガにしている)を外さなければ500円が余分にかかってくるので、月々3480円で3ギガ通信+5分かけ放題の2年契約自動更新のプランになってしまいます。また、電話時間が超過すると30秒で20円加算になってくるので、、他社格安SIMと比べると月額利用料が高いと言わざるを得ません。

2年の契約期間と自動更新がある

これはUQモバイルの最大のデメリットです。データ高速+音声通話プランなどは、最低利用期間が12か月だけなので他社格安SIMと条件は変わりません。しかし、おしゃべりプラン・ぴったりプランを契約すると2年契約+自動更新の契約になってしまいます。これは大手キャリアのシステムと一緒で、気づけば自動で契約が更新されており、他社格安SIMに乗換えようという時に、解約手数料がかかってしまいます。契約月から26か月目が更新日なので解約する場合は底を狙いましょう。ちなみにUQモバイルの解約手数料は9500円で、電話番号を引き継いで他社に乗換える場合は別途MNP予約番号発行手数料歳て3000円かかります。解約時は12,500円程度かかってしまうと覚えておきましょう。

キャリアメールが使えるが今までのアドレスとは変わってしまう

これはデメリットというよりは落とし穴です。UQモバイルでは月々200円を支払うことによって、キャリアメールを使うことが出来ます。しかしそのキャリアメールのアドレスは@uqmobile.jpでして、今まで大手キャリアで使ってたメールアドレスがそのまま使えるというわけではないので、注意してください。

その他UQモバイルのデメリット・注意点

その他の注意点です。
テザリングが出来ない機種がある
他社格安SIMでもデザリングができない機種はありますので、これはUQモバイルだけのデメリットというわけではないですが、契約する際には忘れないようにしておきましょう。

公式ページでお申込みする

UQモバイルの料金と運用シミュレーション

UQモバイルにももちろんデータSIM(通話は出来ないがデータ通信は出来るSIM)は存在します。ページトップにも表を記載しましたが、今度はデータSIMも込みでの表を記載します。自分に必要なSIMの情報をみてください。

料金プラン名称 基本データ容量 通話 月額基本利用料 最低利用期間
データ高速プラン 3G 通話不可 980円 なし
データ高速+音声通話プラン 3G 20円/30秒 1,680円 12か月
データ無制限プラン 通信速度500kbpsで使い放題 通話不可 1,980円 なし
データ無制限+音声通話プラン 通信速度500kbpsで使い放題 20円/30秒 2,680円 12か月
おしゃべりプラン
プランS 2G
⇒3G
5分かけ放題 2,980円
⇒1,980円
2年(自動更新)
プランM 6G
⇒9G
5分かけ放題 3,980円
⇒2,980円
2年(自動更新)
プランL 14G
⇒21G
5分かけ放題 5,980円
⇒4,980円
2年(自動更新)
ぴったりプラン
プランS 2G
⇒3G
無料通話30分
⇒60分
2,980円
⇒1,980円
2年(自動更新)
プランM 6G
⇒9G
無料通話60分
⇒120分
3,980円
⇒2,980円
2年(自動更新)
プランL 14G
⇒21G
無料通話90分
⇒180分
5,980円
⇒4,980円
2年(自動更新)

上記の情報をもとに大手キャリアを使い続けた時とUQモバイルに乗り換えたときの月額利用料を確認しましょう。
大手キャリアは安めに見積もって7000円としています。また、UQモバイルの申し込み月に関しては利用料金は日割りですので、15日付近に申し込んだと仮定し月額利用料は半額とします。また、SIMパッケージ料金の3000円も初月はかかりますので忘れずに考慮しましょう。それを踏まえた月額利用料の推移がこちら。

ご覧の通り初月は少し料金がかさみますが、大手キャリアよりは安くすみます。また、おしゃべり/ぴったりプランに関しては14か月目からイチキュッパ割がなくなり月額基本料が1.000円上がってしまいますので、このような料金推移になります。
これらを踏まえて2年間SIMを使った時の累計の月額基本料がこちら!

大手キャリアで2年間使った場合は、17万円程度の料金がかかります。おしゃべり/ぴったりプランでは6万円程度2年で約11万円程度の節約になります。またデータ高速+音声通話プランはさらに安く1年で2万5千円程度、2年で4万円程度しか料金がかかりませんので2年間使用すれば、13万円程度の節約になります。よっぽどの理由がない限り、大手キャリアからは早めに乗り換えたほうがお得に暮らせるかと思います。

公式ページでお申込みする

UQモバイルのキャンペーン情報

現在のUQモバイルの一番のキャンペーンがこちら!13,000円キャッシュバックキャンペーン

このキャンペーンはwebから申し込みされた方のみが対象になります。おしゃべり/ぴったりのSプランを申し込みされた方は10,000円、Mプランの申し込みで1,1000、Lプランで1,3000円のキャッシュバック。また、データ高速+音声プランの申し込みで5,000円の割引です。webから申し込み出来る人はなるべくweb申し込みをした方がお得ですね。

その他のキャンペーンはこちら!
【5月31日まで】ファミゼロ学割
【終了日未定】UQ家族割

などです。ファミゼロ学割では学生とその家族は3か月間月額基本料が無料学生が18歳以下であれば5か月間月額基本料が無料になります。また、UQ家族割は2回線目以降の契約で月額基本料が500円割引になります。お得なキャンペーン期間中に申し込みしちゃいましょう。

公式ページでお申込みする

UQモバイルのまとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。まとめるとUQモバイルは通信速度がとても速い格安SIMだといえます。しかし、通話に重きを置く人にとっては少し割高な格安SIMだといえます。データ高速+音声通話プランが1,680円で、おしゃべり/ぴったりプランSが2,980円、通話料が30秒20円を考慮すると、月に33分以上電話番号を使って電話をかける人はおしゃべり/ぴったりプランで申し込みをしましょう。格安SIMとして最も高いコストパフォーマンスが発揮できるのは、データ高速+音声通話プランです。電話をあまりしない人は、データ高速+音声通話プランで申し込みしましょう!そうすれば他社格安SIMより数百円だけ高い費用で爆速データ通信が可能になります。キャンペーン期間中は通常よりもさらにお得なので、迷っている方はキャンペーン期間中に比較検討を終わらせて申し込むようにしましょう。

タナカ
早めに大手キャリアから乗り換えてお得に暮らしちゃいましょう!

公式ページでお申込みする

更新日:

Copyright© タナカが教える格安SIM比較 , 2020 All Rights Reserved.